RallyFunJapan > WRC > WRC 2023 > 4_CROATIA2023 > WRC CROATIA RALLY 2023 DAY2

WRC CROATIA RALLY 2023 DAY2

クロアチア・ラリーのデイ2は、ザグレブに置かれるサービスパークの南西のエリアで、4本のステージをミッドデイサービスを挟んで各2回走行。8本のSSの合計距離は116.60km、リエゾン(移動区間)も含めた一日の総走行距離は793.98kmという長い一日でした。デイ2は好天に恵まれ、路面は概ねドライコンディションでした。しかし、一部には水溜まりや湿ったセクションがあり、路肩の泥が舗装路面に掻き出されて非常に滑りやすいコーナーも多くありました。

金曜日の夕方に5.7秒差でリードしたヌービルは、この日2つ目のステージでラインから外れてコンクリートブロックに衝突し、ホイールとサスペンションコンポーネントに大きなダメージを負いました。このクラッシュにより、首位となったエヴァンスは22.6秒のリードを築き、中盤を迎えました。

エヴァンスは、土曜日の最終レグでクロアチア・ラリーのトップに立ち、FIA世界ラリー選手権の勝利を目前に控えています。

しかしながら、クロアチアの首都ザグレブでのSSSでタナクが激しくPUSH。残り2ステージでエヴァンスのリードを約半分にまで縮めることに成功。しかし、タナクは技術的な問題でタイムロスし、トップから25.4秒差でゴール。

もしエヴァンスがタナクを抑え込むことに成功すれば、1年半以上前の2021年のフィンランド以来となる勝利になります。

「タナクに問題があったとしても、それを彼に望むつもりはない」とウェールズ人は語りました。「でも、まだ先は長いんだ」。

エサペッカ・ラッピは、砂利の多いセクションで自信を失いながらも、ヒュンダイを総合3位でゴールさせましま。SS13でハーフスピンを喫しましたが、午後はさらに追い上げ、終了時にはタナクに半分の差をつけた。

セバスチャン・オジェは、金曜日の夕方に安全違反で1分間のタイムペナルティを課され、後方からのスタート。さらに、ロードセクションでの技術的な問題で第1ステージのチェックインが遅れたため、さらに10秒のペナルティが課されました。しかし、2021年にここで優勝しているオジェは、3回のステージ最速タイムを記録し、総合7位から4位に浮上。

その後方にはチームメイトのK・ロバンペラ、勝田貴元が続き、ハードコンパウンドタイヤのトラクションに苦しんだP・ルベを置き去りにしました。

ヨハン・ロッセルはWRC2部門のトップを守り、Nikolay GryazinとEmil Lindholmを抑えて総合8位をキープしています。


ラリー最終日となる4月23日(日)のデイ3は、ザグレブの北側エリアで2本のステージを各2回走行。そのうち、SS18の再走となる最終ステージのSS20は、トップ5タイムを記録した選手とマニュファクチャラーに、ボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されています。4本のSSの合計距離は54.48kmと3日間で最短。リエゾン(移動区間)も含めた一日の総走行距離は374.52kmとなります。

End of day two (Saturday)

1 Elfyn Evans/Scott Martin (Toyota GR YARIS Rally1 HYBRID) 2h20m05.7s
2 Ott Tänak/Martin Järveoja (Ford Puma Rally1 HYBRID) +25.4s
3 Esapekka Lappi/Janne Ferm (Hyundai i20 N Rally1 HYBRID) +55.4s
4 Sébastien Ogier/Vincent Landais (Toyota GR YARIS Rally1 HYBRID) +1m49.4s
5 Kalle Rovanperä/Jonne Halttunen (Toyota GR YARIS Rally1 HYBRID) +1m51.4s
6 Takamoto Katsuta/Aaron Johnston (Toyota GR YARIS Rally1 HYBRID) +2m25.9s
7 Pierre-Louis Loubet/Nicolas Gilsoul (Ford Puma Rally1 HYBRID) +2m32.1s
8 Yohan Rossel/Arnaud Dunand (Citroën C3 Rally2) +6m40.2s
9 Nikolay Gryazin/Konstantin Aleksandrov (Škoda Fabia RS Rally2) +6m51.7s
10 Emil Lindholm/Reeta Hämäläinen (Škoda Fabia RS Rally2) +8m02.4s