映画Race for Gloryの海外でのレビュー

映画Race for Gloryが海外で公開になってからしばらく経過しますが、海外のレビューサイトでの評判について調べてみました。なおChatGPTでレビューサイト内容の要約を行なっておりますので、必ずリンク先のサイト内容もご確認お願いいたします。

NOBUHIRO “MONSTER” TAJIMA CHALLENGED AND CONQUERED PIKES PEAK

日本人ドライバーやライダーは1980年代後半から標高14,115mのパイクスピークスの山頂を目指しており、その中でも最も偉大なエリートドライバーは、7度のパイクスピーク・キング・オブ・ザ・マウンテンを誇るモンスターこと田嶋信博 です。この記事ではモンスター田嶋のパイクスピークスへの挑戦を振り返ります。

ヨハンとレオ・ロッセル:成功への同じ道を走る兄弟

ヨハン・ロッセルは、おそらくラリー界で最も競争の激しいクラスであるWRC2のトップランナーとしての地位を確立しているが、ここにたどり着くまでには長く険しい道のりがあった。弟のレオも同様で、現在はヨハンの後を追うようにC3Rally2で活躍している。

TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラム : 2期生 小暮、山本がRALLY SWEDEN 2024 でWRC2クラスに初挑戦

TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムの2期生である小暮ひかる、山本雄紀が、WRC 2024 第2戦「ラリー・スウェーデン」に、GR Yaris Rally2で参戦。Rally2車両で初めて出場したWRCイベントを最後まで走り切り、山本はWRC2カテゴリー10位で、小暮は20位で完走しました。

WRC2024 RALLY SWEDEN DAY4 : ラッピ優勝/フルモーが初表彰台

エサペッカ・ラッピは、ヒュンダイi20 Nラリー1ハイブリッドに乗り、氷雪路でのドライビングをコントロールしながらも見事なハイペースでラリー・フィンランド2017以来、6年6カ月と19日ぶりの勝利となり、シェカール・メータとジャン・リュック・テリエが保持していた5年359日というWRC勝利間の最長記録を更新しました。