RallyFunJapan > WRC > WRC 2024 > M-Sport Ford World Rally Teamが300戦連続WRCマニュファクチャラーポイント獲得を達成
RallyFunJapan | M-Sport Ford World Rally Teamが300戦連続WRCマニュファクチャラーポイント獲得を達成

この驚くべき記録は22年前、2002年のラリー・モンテカルロでカルロス・サインツとコリン・マクレーがフォード・フォーカスWRCで3位と4位を獲得したことから始まった。

YouTube player

この重要なイベント以来、Mスポーツは参戦したすべてのラリーでマニュファクチャラー選手権ポイントを獲得しており、2008年のラリー・トルコで100回目のイベント、2016年のラリー・メキシコで200回目のイベント、2024年のラリー・サルデーニャで300回目のイベントといった重要なマイルストーンを達成。

RallyFunJapan | M-Sport Ford World Rally Teamが300戦連続WRCマニュファクチャラーポイント獲得を達成
RallyFunJapan | M-Sport Ford World Rally Teamが300戦連続WRCマニュファクチャラーポイント獲得を達成

6大陸、29カ国、84,365kmに及ぶラリーでは、29人のドライバー、38人のコ・ドライバー、そしてMスポーツの全チームの絶え間ない努力が、この重要なマイルストーン達成に貢献した。 苦労して獲得したポイントであれ、簡単に獲得したポイントであれ、そのひとつひとつが、Mスポーツの卓越性とパフォーマンスに対する揺るぎないコミットメントを示している。

RallyFunJapan | M-Sport Ford World Rally Teamが300戦連続WRCマニュファクチャラーポイント獲得を達成

MスポーツUKのマルコム・ウィルソン会長は、この道のりを振り返りながら、過去22年間の思い出をいくつか語ってくれた。

まずウィルソンは、新型フォード・フォーカスRS WRCを投入し、マーカス・グレンホルムがデビューウィンを飾った2006年のラリー・モンテカルロを懐かしむ。 彼はこれを “もうひとつのクラシック “な瞬間と表現し、”モンテカルロでの初勝利であり、チーム代表として、またメーカーとして常に勝利を目指すラリーである “と強調した。

RallyFunJapan | M-Sport Ford World Rally Teamが300戦連続WRCマニュファクチャラーポイント獲得を達成

もうひとつのハイライトは2006年のラリー・ニュージーランドだ。 シーズン最終戦となるこのラリーで、BPフォード・ワールドラリー・チームは初のマニュファクチャラーズトロフィーを手にする寸前だった。 グレーンホルムとミッコ・ヒルボネンは1位と2位を獲得し、M-SportにFIAワールドラリーマニュファクチャラーズチャンピオンの栄誉をもたらした。

RallyFunJapan | M-Sport Ford World Rally Teamが300戦連続WRCマニュファクチャラーポイント獲得を達成

しかし、リストのトップは常に2017年のウェールズ・ラリーGBで、彼は “涙が出た “と認めている。 ラリーの最終ステージであるブレニッヒでは、フライングフィニッシュを通過したMスポーツ・フォード・フィエスタWRCがそれぞれ異なる偉業を達成した。 まずオット・タナックとマルティン・ヤルヴェオヤがパワーステージを完走し、チーム3度目のマニュファクチャラーズ選手権を獲得。 その直後、セバスチャン・オジェとジュリアン・イングラシアが完走し、Mスポーツ初のドライバーズ&コ・ドライバーズ選手権を獲得した。 最後に、エルフィン・エヴァンスとダン・バリットがタイミングボードを通過し、WRC初優勝を飾った。 ウィルソンはこの優勝をWRCにおける「最も感動的な」思い出と語り、Mスポーツがセミワークス・チームであることの意義を強調した。 また、「あのラリーでは、短期間にいろいろなことが起こった」とも語っており、彼だけでなくチーム全体にとっても大切な思い出となっている。

しかし、この世界記録を達成することは、Mスポーツにとって必ずしも一筋縄ではいかなかった。 2015年のラリー・メキシコでタナックのフォード・フィエスタWRCが湖に転落し、8時間以上にわたって完全に水没してしまったのだ。 水没したにもかかわらず、マシンは回収され、誰もが驚いたことに、Mスポーツはわずか3時間で修復に取り掛かった。 チームは英雄的な活躍を見せ、タナックは翌日も出走し、イベントを完走した。
2019年のツール・ド・コルスもまた、チームに失恋をもたらすことになる。 エルフィン・エヴァンスは素晴らしい走りを見せ、自身2度目のWRC優勝を目前にしていたが、優勝目前のパワーステージのラスト数キロでパンクに見舞われ、3位に後退。

このような挫折にもかかわらず、22年以上にわたってすべてのイベントで結果を出し続けてきたチームの回復力と決意を、さらに高めてくれた。

300大会連続完走という快挙は、マルコム・ウィルソンとMスポーツの歩みを支えてきたフォード・モーター・カンパニーの揺るぎないサポートなしには達成できなかっただろう。 このマイルストーンは、フォードのコアバリューであるパフォーマンスと信頼性を完璧に具現化したものであり、これらのバリューとMスポーツの絶え間ない卓越性の追求との相乗効果を強調するとともに、世界ラリー選手権における彼らの永続的な存在感を確固たるものにしている。

RallyFunJapan | M-Sport Ford World Rally Teamが300戦連続WRCマニュファクチャラーポイント獲得を達成

チームは今後数週間にわたり、過去から現在までの選抜されたチームメンバーのハイライト映像、ソーシャルメディアへの投稿、記念ステッカー、ラリー・ポーランド期間中に競技車両に装着される特別なフロントグリルなどでこの偉業を祝う。

Malcolm Wilson, M-Sport UK Chairman

300戦連続完走は、チームの揺るぎない献身とコミットメントの証です。 彼らの絶え間ない努力は、フォード・モーター・カンパニーのサポートと相まって、世界ラリー選手権で優れた成績を収めるための原動力となるパフォーマンスと信頼性の精神を真に体現しています。 全行程、あるいは一部の行程を共に歩んでくれたスタッフ、ドライバー、コ・ドライバー、ファンのひとりひとりに感謝したい。 このような結果を残せたのは、ひとえに皆さんのおかげです。 我々は今、350回達成することを目標としている

Mark Rushbrook, Global Head of Ford Performance

WRCで300ポイント連続入賞を達成したことは、とても信じられないことだ。 マルコムとMスポーツのチームは、エクセレンスを提供するということの限界に挑戦している。 マルコムとMスポーツ・チームは、卓越したものを提供するということの限界に挑戦しているのだ。我々はMスポーツと数十年にわたり素晴らしい関係を築いてきたが、このパフォーマンスを実現するために必要な献身とハードワークに祝福と感謝を捧げる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください