RallyFunJapan > News > Solberg out of Hyundai’s 2023 plan.

Solberg out of Hyundai’s 2023 plan

10月6日、Hyundai Motorsportとオリバー・ソルベルグは、2022年末までの両者の契約を更新しないことを発表しました。

チームにとって厳しいシーズンを経て、今回の別れが決定された。WRCラリー1カテゴリーでデビューしたソルベルグは、イープル・ラリー・ベルギーで4位というベストリザルトを記録。直近では、チームでのラリー1最終戦となったラリー・ニュージーランドで5位を獲得しています。このように、若手ドライバーにとって学びの多いシーズンを、彼はチームの一員として前向きに、そして懸命に働いている。

Hyundai Motorsportは、2023年シーズンに向けて、より一貫したパフォーマンスを提供するために、経験豊富なトリオ・クルーを起用する意向を表明している。チームは今後、ラインナップを決定し、発表する予定である。

一方、ソルベルグは年末までチームに残り、ラリージャパンのレッキと一部の活動に参加する。チームは、ソルベルグが今シーズン果たした重要なサポート役を高く評価しています。ソルベルグは、参加したすべてのイベントで、自分自身とマシンの能力を最大限に引き出すために、深く掘り下げてきました。

チーム副代表のジュリアン・モンセは次のように述べた。「オリバーは今シーズン、私たちのチームにとって大きな財産であり、回復力があり、学ぶことに熱心であることを示してくれた。しかし、経験豊富で安定したクルーがマシンのステアリングを握ることの利点もわかっている。これは2023年のラインアップに向けた我々の焦点となるだろう。オリバーは年末まで我々と行動を共にし、日本でのレッキやその他の活動にも参加する予定です。彼の今後の活躍を期待しています。世界ラリー選手権では、いつまた出会いがあるかわかりません。我々はこの特別な関係を良い条件で終わらせ、オリバーが彼のキャリアのために正しい次のステップを見つけることを知っている。”

オリバー・ソルベルグはこう語った。「もちろん、この状況にはがっかりしているが、3台のマシンと経験豊富なドライバーのみでドライバーラインアップを進めるというチームの決定と新しい計画を尊重しなければならない。このプロセスにおいて、彼らが私にオープンであったことはとても素晴らしいことだった。計画が変更された以上、彼らにとっては簡単な決断ではなかったと思う。WRCで初めての機会を与えてくれたことに感謝している。今シーズンは学ぶことの多いシーズンとなることは分かっていましたし、私のキャリアの次のステージで貴重な経験となることは間違いありません。残りのシーズンもチームのために尽力し、アルゼナウやラリーでサポートしてくれたすべての人に感謝の気持ちを伝えたいと思います。この章は良い条件で終えることになりますが、彼らの幸せを常に願っています。”