RallyFunJapan > WRC > WRC 2022 > 2020 FIA WRC3 Champion Jari Huttunen makes his Rally1 debut with M-SPORT at Rally Finland.

2020 FIA WRC3 Champion Jari Huttunen makes his Rally1 debut with M-SPORT at Rally Finland.

フィンランドの若手で2020年FIA WRC3チャンピオンのヤリ・フットゥネンが、ラリー・フィンランドでM-SportからM-Sport Ford Puma Hybrid Rally1でラリー1デビューを果たす予定です。

フットゥネンは、M-Sportから2022年WRC2選手権に3回出場し、2回の表彰台と10回のステージ優勝を獲得しています。2回の表彰台獲得は、ラリー・スウェーデンで総合9位、サルデーニャで総合10位となり、総合ポイントも十分獲得しています。

ラリー・フィンランドに先立ち、フットゥネンはエストニアでフルテストの日を得て、プーマ・ハイブリッドRally1マシンのテストを行います。このラリーのサラブレッドは、才能を1年で最も速いラリーのひとつで発揮する予定です。

ラリー1デビューの前に、フットゥネンはWRC2キャンペーンの一環としてフィエスタラリー2でラリーエストニアの高速グラベルステージに参戦し、高速グラベル競技の連続スペシャルイベントの前菜として完璧な役割を果たす予定です。

フットゥネンのコドライバーは、2020年のWRC3選手権でフットゥネンを成功に導いた常連のミッコ・ルッカが務めます。フットゥネンは、世界ラリー選手権のサポートカテゴリーであるWRC2とWRC3において、合計5勝を挙げています。直近のWRC2での勝利はACIラリーモンツァで、フィエスタラリー2でデビューし、すぐにチームに好印象を与えました。

Jari Huttunen

「プーマでホームラリーを走るのはとても楽しみです。このような高速のラリーで、パワーのあるマシンで走るのは確かにチャレンジングですが、ラリー2ではすでに良い感触を得ているので、その感触をプーマに持ち込むことができると思います。これまでのイベントでM-Sportと一緒に仕事をするのは本当に楽しかったし、とても居心地が良くなってきている。この週末の目標は、マシンから学ぶこと、そして安定したペースで良いリズムを保つことです。トリッキーなイベントですが、私はよく知っているので、どうなることでしょう。M-Sportからこの機会を与えられたことはとても嬉しいので、最大限に活用したい。」

Richard Millener, Team Principal

「ヤリがラリー1マシンにステップアップするのが待ち遠しいし、それがM-Sportフォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1であることに誇りを感じている。今年はWRCのハイブリッド時代ということで、新しい世代のマシンを投入することになる。これはM-Sportが誇りとし、長い歴史を持つことであり、最近もピエール・ルイに新しい才能の可能性を見た。ヤリもピエール・ルイと同じような道を歩んできたわけで、ヤリの成長には皆が注目していることでしょう。チームとしては、目標もプレッシャーもなく、ただただ道具と機械を与えられたヤリがどんなことをするのかを見てみたい。ヤリ、ミッコ、そしてチームにとって、これは何よりも学びの場となるだろう。ヤリにとってはWRCの頂点に立つために何が必要かを学び始め、我々にとってはヤリをトップレベルに押し上げるために何をサポートし、何をすべきかを学ぶことになるだろう。