RallyFunJapan > WRC > WRC 2024 > 1_MonteCarlo2024 > WRC 2024 ラリーモンテカルロ DAY2 (Rallye Monte-Carlo DAY2) / フレンチ・アルプスを舞台に激しいバトルを展開

ラリー・モンテカルロは前日モナコでのセレモニアルスタートで開幕し、フランスの山岳地帯で2本のナイトステージが行われました。競技2日目となるデイ2は、サービスパークを中心にギャップ周辺の山岳地帯で3本のステージを、ミッドデイサービスを挟んで各2回走行。6本のステージの合計距離は105.72kmでした。戦いの舞台がデイ1よりも北側のエリアに移動したこともあり、ターマック(舗装路)のステージには凍結していたり雪が残っているセクションが多くありました。さらに、一部のコーナーではインカット走行により路肩から掻き出された泥や砂利が路面に広がり、非常に滑りやすくトリッキーなコンディションのステージでの戦いになりました。

金曜日の第2レグを終えてラリー・モンテカルロのトップに立ったエルフィン・エバンスは、トヨタ・ガズー・レーシングのチームメイト、セバスチャン・オジェのプレッシャーにさらされています。

エバンスは木曜日のナイトステージを終えてオジェに21.6秒差をつけていましたが、オジェは金曜日にギャップ付近のフレンチアルプスの道路で見事なドライビングを披露し、その差をわずか4.5秒にまで縮める事に成功。

オジェは午前中に行われた3つのステージのうち2つを制し、SS4でヒュンダイのティエリー・ヌービルがi20 Nをスピンさせたことで3番手から2番手に浮上。中盤にはエバンスに10.7秒差まで迫り、ラ・ブレオールからセロネまでの氷に覆われたスペシャルステージでタイムを伸ばし、エバンスのすぐ背後に迫っています。

2人は午後のループの大半で拮抗した走りを見せたが、ラ・ブレオール/セロネ(2回目の走行は暗闇で行われた)でオジェが輝きを放ち、4.1秒差でエバンスを上回り、土曜日の最終レグに向けてスリリングな対決を演じました。

Elfyn Evans

コンディションの変化が非常に大きく、難しい一日でした。ドライのセクションが多くあった一方で、ところどころにアイスバーンがあり、ダートが多く出ているところもあるなど、グリップレベルに大きな差がありました。チャレンジングな一日でしたが問題なく走り切ることができてハッピーです。後方の二人は非常に速く、タイム差も小さいですが自分たちはまだいいポジションにつけています。セブとティエリーとは、過去にも何度かこのような順位関係になったことがあるので、彼らと再び戦えることを嬉しく思います。今の調子を維持し、自分たちのリズムを守って戦い、どうなるのか様子を見たいと思います。

Sébastien Ogier

今日、少しでも反撃できたことはもちろん嬉しいです。昨晩は少し苦戦したので、出走順によって不利な状況になることを危惧していましたが、決して諦めはしなかったですし、トップとの差を縮めることができたので良かったです。ループの3本目のステージはかなり難しかったですが、上手く走ることができたと思います。あのステージは日曜日にもう一度走りますが、既に多くのダートが路面に出ているので、きっと大きなチャレンジになるでしょう。ただ、その前に明日の長い一日を戦わなければなりません。これからの二日間は面白くなりそうですし、戦いに参加できていることを嬉しく思います。


ヌービルは終盤でも激しいバトルを繰り広げ、オジェに11.6秒差で3位につけた。彼はこの日の6つのステージのうち3つを制し、早朝のスピンを除けばトラブルなしの走りを楽しみました。

オット・タナックはSS3で右カーブの凍結によりヒュンダイを溝に滑らせ、57.5秒遅れの4位となった。エストニア人はわずか40秒でコースに復帰した。グレゴワール・ミュンスターと勝田貴元も同じ場所でコースオフを喫し、後者は5分以上の遅れを喫して大きく順位が後退。

エイドリアン・フルモーはSS5で見事な3番手タイムをマークし、Mスポーツ・フォードの信頼に応えた。2023年にWRC2に参戦して以来、WRCのトップレベルに戻ってきた28歳の彼は、プーマを駆ってトップ5入りを果たしています。

アンドレアス・ミケルセンも2019年以来のトップリーグ復帰で、総合6位でフルモーから1分以上遅れてこの日を終えた。ヒュンダイを駆るノルウェー人ドライバーは、路面コンディションが刻々と変化する中、ペースノートの情報を信用することが難しいことに気づきました。

7位のミュンスターはプーマを駆って28.2秒遅れでパルクフェルメに達し、WRC2コンテンダーのニコライ・グリャジン、ペペ・ロペス、ヨハン・ロッセルがトップ10を占めました。


競技3日目となる1月27日(土)のデイ3は、ギャップのサービスパークの西側エリアで、3本のステージをミッドデイサービスを挟んで各2回走行。そのうち全長20.04kmのSS10/13「レ・ノニエール/シキリアンヌ」は、1997年以降初めて使われるステージです。6本のSSの合計距離は120.40kmと4日間で最長、リエゾン(移動区間)も含めた一日の総走行距離は504.09kmとなります。

End of day two (Friday): 

1 Elfyn Evans/Scott Martin (Toyota GR YARIS Rally1 HYBRID) 1h25m28.9s
2 Sébastien Ogier/Vincent Landais (Toyota GR YARIS Rally1 HYBRID) +4.5s
3 Thierry Neuville/Martijn Wydaeghe (Hyundai i20 N Rally1 HYBRID) +16.1s
4 Ott Tänak/Martin Järveoja (Hyundai i20 N Rally1 HYBRID) +1m13.6s
5 Adrien Fourmaux/Alexandre Coria (Ford Puma Rally1 HYBRID) +1m38.0s
6 Andreas Mikkelsen/Torstein Eriksen (Hyundai i20 N Rally1 HYBRID) +2m58.9s
7 Grégoire Munster/Louis Louka (Ford Puma Rally1 HYBRID) +3m27.1s
8 Nikolay Gryazin/Konstantin Aleksandrov (Citroën C3 Rally2) +5m18.9s
9 Pepe López/David Vázquez (Škoda Fabia RS Rally2) +5m20.2s
10 Yohan Rossel/Arnaud Dunand (Citroën C3 Rally2) +5m25.1s