RallyFunJapan > WRC > WRC 2024 > M-SPORTはポーランドでノンハイブリッドのPuma Rally1をデビューさせます

Mārtiņš SesksとM-Sport Ford World Rally Teamは、WRCプロモーターのサポートを受け、ハイブリッド車ではないRally1をWRC世界ラリー選手権にデビューさせます。

Mārtiņš Sesksとコ・ドライバーのFrancis Renārsは、6月に開催されるラリー・ポーランドでハイブリッドではないRally1マシンに乗りWRCデビューを果たすことになりました。 2024年に向けてFIAのレギュレーションが更新され、Rally1マシンはプラグインハイブリッドシステムの代わりに同等のバラスト重量で参戦できるようになったため、競技者にとってRally1マシンへのステップアップはより魅力的で身近なものとなりました。

ノンハイブリッドマシンの登場は、SesksがFIAヨーロッパラリー選手権のラリー2からラリー1へ移行する間のギャップを埋めることになります。 プーマのパワーと重量の増加に慣れるため、ポーランドではノンハイブリッド車を使用し、数週間後に開催される彼のホームラリーである新ラリー・ラトビアでのフルハイブリッド参戦に備えます。

M-SPORT は、SesksのチームおよびWRCプロモーターと協力し、WRCイベントへのRally1エントリーの増加をサポートするために、このプロジェクトに取り組んできました。 このスポーツのトップリーグへのアクセスを向上させることは、将来のラリーの才能をサポートするというM-SPORTとWRCプロモーターの目標に合致するものであり、Sesksのような候補者に、このスポーツのスーパースターの中で自分自身を証明する機会を与えることになる。

Sesksは、 2016年にERCデビューを飾った後わずか1年後にフルシーズン進出を果たし、2018年にはコ・ドライバーのRenārsとともにERC3とジュニアERCの両チャンピオンシップのタイトルを獲得。 2022年にRally2マシンにアップグレードしたSesksは、ホームラリーであるTet Rally Liepajaでステージ優勝を独占し、見事な勝利を飾っています。

Mārtiņš Sesks

M-Sport World Rally TeamとWRCプロモーターの協力のもと、ラリー2からラリー1への昇格という素晴らしい機会を得ることができたことは、夢のようだ。

ここまでの道のりは、多くの人々の努力の賜物であり、特に私の家族は、1965年に祖父がリエパヤで開催されたラリー初参戦に遡る。 59年後の今、私は同じラリーにWRCとして参加する機会を得た。 ラリー1マシンに適応するためには、揺るぎない集中力とコミットメントが要求されることは間違いありませんが、全力を尽くす準備は万端です。 プーマ・ラリー1初のノンハイブリッドマシンのパイロットを任されたことで、将来がどうなるのかがより楽しみになりました

Richard Millener, Team Principal

2024年の新しいレギュレーションを活用することで、ハイブリッド・ユニットなしでラリー1マシンを走らせることができる。 これはカスタマー・ドライバーにとってより費用対効果の高いソリューションであることは言うまでもありませんし、Mārtiņšのようなドライバーがより快適にラリー1にステップアップできるようにすることで、ラリー1のフィールドを広げることができるのです。

Mārtiņšは素晴らしい経歴の持ち主で、この新しいノンハイブリッド戦略をデビューさせるのにぴったりの候補者だ。 彼の母国でのイベントにフルハイブリッドで参戦する前に、ポーランドで彼にシートタイムを与える良い機会だった。 地元ファンの前で、マールティシュが現存する最高のラリーカーを走らせる姿を見ることができるのは素晴らしいことだ

Peter Thul, WRC Promoter’s Senior Director of Sport

私たちは、次世代のWRC世界チャンピオン候補をサポートし、サポートカテゴリーからこのスポーツの最高峰への挑戦的なステップを支援するために、より多くのリソースを投入する必要性を認識しました。

ERCの過去2シーズンにおけるMārtiņšのパフォーマンスは、彼がこの支援を受けるにふさわしいと判断した。 彼はラトビアとポーランドで勝利のエッジを発揮しており、時が経てばWRCの常連になると信じている。

コメントは受け付けていません。