RallyFunJapan > WRC > WRC 2024 > ヨハンとレオ・ロッセル:成功への同じ道を走る兄弟

ヨハン・ロッセルは、おそらくラリー界で最も競争の激しいクラスであるWRC2のトップランナーとしての地位を確立している。シトロエンC3ラリー2をドライブする彼は、2024年のラリー・モンテカルロで優勝したばかり。2021年にWRC3カテゴリーのC3ラリー2ですでに世界チャンピオンになった後だ。

現在、彼が世界中でドライブしている多くのスペシャルステージと同様、ヨハンがここにたどり着くまでには長く険しい道のりがあった。弟のレオも同様で、2022年にステランティス・モータースポーツ・カップで優勝し、現在はヨハンの後を追うようにC3ラリー2で活躍している。

ふたりともカート・サーキットからスタートしたが、兄弟にとってキャリアアップの絶好の機会となったのはラリーだった。

ヨハンは言う。「最近はサーキットに戻ってきても、ラリーのように楽しむことは難しい。今、僕たちからそれを奪うのは難しいと思う」。

ステランティス・モータースポーツのブランドは、ロッセル兄弟のキャリアを支えてきた。ヨハンはプジョー106で最初のラリーをスタートさせ、シトロエンで走りながらWRC2への道を歩んだ。2018年、ステランティス・グループのワンメイク・カップは、ヨハンが説明するように、数年後のレオにとってそうであったように、彼にリセットの機会を提供した:

2017年の終わりにはほとんど何も残っていなかったし、(2021年以降は)あなたと同じような状態だった。だから、私たちのキャリアのバネになったと思うし、メーカーが後ろ盾になり、このスポーツをよく知る人たちがいて、あのチャンピオンシップが私たちを正しい方向に導いてくれた。彼らは僕たちを信頼してくれていると思うし、それは僕たちにとって素晴らしいことだ。

レオも同じ道を歩むのだろうか?

「今ははっきりしていると思う!今日、僕たちは同じステランティス・モータースポーツというグループに入ったから、僕も後に続く可能性は高いよ。ヨハンのようにフランス選手権で優勝することはできなかったけど、3位になったし、すぐにでも世界選手権であなたとチームメイトになりたい」

若いヨハンは、C3ラリー2で印象的な初シーズンを過ごした。「このチームでフランス・カップに勝ったことは、とても感動的な瞬間だった。一生心に残るだろう。また、将来に向けてサポートを受ける良い機会にもなった」

兄弟にありがちなことだが、ロッセル兄弟は常に競争心を燃やしてきた。

レオは言う。「私たちはいつも競争していたいと思っていた。ゴーカートでも、テニスでも、卓球でも、スキーでも…。私たちのうちどちらかが諦めたときだけ競争が停止する……今後もそれは変わらないと思う!」

レオはヨハンから学んだ。

「もちろん、僕もできる限りのことを伝えようとしているけど、レオのクールな態度は本当にポジティブだ。僕にはそれが少し欠けているときがある」

レオは言う。「まったく同じクルマで、未知のステージを最速で駆け抜けるのは、いつもすぐに慣れるヨハンだと思うよ。僕は時間をかけて上達してきたと思うけれど、時にはいい練習ができないこともある。でも、どうせ大差ないだろうけどね。多くのことを学び続けられるように、いつかチームメイトになりたい。それが一番学べると思う」

最後にレオは、来シーズンに向けてのアドバイスを兄に求めた。「ベストを尽くし、できる限り自分を追い込み、自分をもっと知り、世界を発見するチャンスをつかむこと。長いキャリアを持つことも、メーカーのサポートがなければ不可能です!調子に乗らずに楽しむことが第一だと思います」